【9月~11月】お月見イベントのご案内

2021-08-03

お知らせ


太古の昔から日本では月を愛でる風習があったといわれています。
お月見が盛んになったのは平安時代。
江戸時代に入ってからはただ月を愛でるだけでなく、収穫祭や初穂祭など
「無事に秋の収穫ができる喜びを分かち合い、感謝する」という意味合いをもつようになりました。


潮路亭では、お月様が美しい秋の夜長に、「日本の秋」を体感いただける特別イベントを期間限定で開催いたします。

秋が深まり収穫される、三重・伊勢志摩のお米や穀物、農作物や海産物に感謝しながら、
潮香のテラスから月を眺めてみてはいかがでしょうか。



■内容 

【十五夜】
 9月21日(火) お茶と月見団子(芋団子)のふるまい 
 ※2021年9月18日~9月21日 4日間、館内で竹あかり装飾を実施します


【十三夜】
 10月18日(月) お茶と月見団子(栗)のふるまい
 ※2021年10月16日~10月18日 3日間、館内で竹あかり装飾を実施します


【十日夜】
 11月14日(日) お茶と月見団子のふるまい
 ※2021年11月13日~11月14日 2日間、館内で竹あかり装飾を実施します


◎いずれもふるまいは、19:00~21:00に茶の香で実施します。