潮路亭物語

日本最大級の聖地伊勢神宮を巡る

お伊勢参り

伊勢神宮の基礎知識

「お伊勢さん」という名称で親しまれている伊勢神宮は、正式名称を「神宮」と言います。
神宮は、大きく「内宮(ないくう)」「外宮(げくう)」の二つから成立しており、
内宮は宇治の五十鈴川の畔に鎮座している「皇大神宮(こうたいじんぐう)」の総称となっております。
外宮については、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の総称で、かつては伊勢太神宮(いせのおおみかみのみや)とも
呼ばれていました。
外宮と内宮は、別宮や摂社、末社、所管社も合わせると、合計125社にもなり、
国内最大級の神社となっています。

2000年前から受け継がれてきた、「お伊勢参り」

お伊勢参りは、約2000年前の崇神天皇の御代より始まる歴史を持ち、
古くは平安時代の貴族が参拝する敷居の高いものでしたが、
徐々に一般庶民にも広がり、江戸時代にはお伊勢参りが大流行。年間300万人以上の人々が参拝したそうです。
また、1300年前から、「式年遷宮」が行われております。
式年遷宮とは、20年に一度、神様を祀る御正宮を新しい建物に一新することで「常若(とこわか)」という神宮の精神に則り、
1300年もの長さに渡り受け継がれてきた由緒ある儀式です。
2013年に行われた第62回遷宮では、その年に1420万人もの人々が参拝しました。
また、遷宮の翌年は「おかげ年」といわれ、「神様に日々感謝する年」と言われております。

伊勢神宮参拝の基礎知識

どんな服装が良いのか

とくに大きな決まりはありませんが、「大切な人と会う時の服装」とお考えいただければ、自ずと身なりも整うはずです。

宮域に入る時のマナーは?

橋を渡る際は、一礼して鳥居をくぐりましょう。内宮は右側通行、外宮は左側通行が基本です。
これは各正宮の位置が関係しており、神様に遠い側を先に手水舎で清めてから、参拝するためといわれております。

手水の作法は?

  • まず、ひしゃくを右手で持ち、たっぷりの水を汲み、左手を清める
  •  
  • 次に右手で持っていたひしゃくを左手に持ち替え、右手を清める
  •  
  • もう一度ひしゃくを右手で持ち、左手で水を受けて口をすすぐ
  •  
  • 再度左手を清める
  •  
  • 最後にひしゃくを立てて残った水でひしゃくの柄を清め、ひしゃくを伏せて元の位置へ

手水舎は、参拝者が身を浄めるために手水を使う施設です。参拝する前に、手水舎で手と口をしっかりと清めましょう。

正宮での参拝方法

伊勢神宮では、二拝二拍手一拝の神道の作法で参拝します。
伊勢神宮は本来、国家の安泰を祈念して参拝する場所です。始めに氏名と住所を述べて、心静かに感謝の気持ちを伝えましょう。

潮路亭から、いざ「お伊勢参り」へ

潮路亭は、伊勢神宮の中枢である内宮・外宮まで、お車で約20から30分の場所にございますので、
お伊勢参りを目的とした観光拠点として、たいへん便利にご利用いただいております。
また、電車や飛行機でお越しいただくお客様につきましても、最寄りの鳥羽駅前から運行している「CANばす(周遊バス)」を
利用することで、お気軽にお伊勢参りへのお出かけが可能になっております。

外宮参拝

まずは豊受大神を祀る、外宮参拝から
外宮のご祭神は、衣食住の神様である豊受大神(とようけのおおかみ)です。
個人的なお願いごとは、第一別宮「多賀宮」で行うと良いと言われており、活動的で現実的なパワーを持つ豊受大神の
荒御魂(あらみたま)を祀っております。

多賀宮

御池の畔に三つ並ぶ丸い石は「三つ石」と呼ばれ、式年遷宮の前日にはここでお祓いの儀式が行われます。
とくに、強力なエネルギーを発すると言われ、話題になっております。

三ツ石

入り口の左手には勾玉の形をした勾玉池があり、そのまわりには散策路が造られています。
6月には菖蒲が見ごろを迎え、仲秋には奉納舞台で観月会が開かれます。
池のまわりを散策するのも、とても気持ちが良いです。

月夜見宮

外宮の北御門から真っすぐ月夜見宮に至る宮後町の道を神路通りといい、
月夜見の神様が石を白馬に変えて外宮に通われる道とされています。
地元では、神の通り道である中央を歩かないようにと言い伝えられております。

内宮参拝

総氏神・天照大神を祀る、内宮参拝へ
内宮は、日本の神社の最高峰で、ご祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)です。
入り口の宇治橋を渡ると、世俗の世界から聖の世界へと足を踏み入れます。

五十鈴川

まず、五十鈴川の御手洗場(みたらし)で手を洗い、深呼吸をして気持ちを落ち着かせてから参拝してください。
その五十鈴川から戻るさい、右へそれる小道を通り、別宮「風日祈宮」を参拝後、正宮へ向かうのがおすすめのコースです。
木々の緑と流れる水の美しさによって、心身が清められます。

正宮

石階段の先がいよいよ正宮で、日本一の神様、天照大神の祀ってあるところです。
参拝する時は願い事を言うのではなくて日々の感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

参道

なお、天照大神の荒御魂(あらみたま)を祀る第一別宮「荒祭宮(あらまつりのみや)」は、
力強いパワーを持つと言われ、
個人的なお願いごとにたいへん有益と伝えられております。

荒祭宮

「お伊勢参り」を終えたら、潮路亭でお寛ぎください

  • 潮香のてらす

    庭園「潮香のてらす」で自然に親しむ
    庭園「潮香のてらす」で時間を忘れてゆったり海を眺めるのはいかがでしょうか。海の恵みや海の幸など、自然へ想いを巡らしてください。波の音や鳥のさえずりは、穏やかな時間や平穏な心を与えることでしょう。さらには、海女さんが素潜りしているシーンに遭遇することもあるかもしれません。
  • ライブラリー

    「ライブラリー」で伊勢神宮について新たな発見をする
    ロビーラウンジにある「ライブラリー」には、伊勢神宮についての資料や写真集などをご用意しております。また、伊勢・志摩・鳥羽の郷土資料も取り揃えております。併設のロビーラウンジ「茶の香」では、チーズケーキや伊勢茶、ビールなどをお召し上がりいただけますので、是非ご利用ください。
  • 常若の湯

    「常若の湯」で「常若」を想う
    潮路亭では、お客様に常に健康で若々しくあって欲しいという願いを込めて、「常若」の名を冠した湯処「常若の湯」が誕生しました。常若の湯ではミキモトコスメティックス社との提携により実現した、日本初の入浴施設「パールオーロラ風呂」と「療養泉」の大浴場がお楽しみいただけます。さまざまな効能によってお客様の疲れを癒してくれることでしょう。
  • 清石・白石

    「清石・白石」で自然の恵みを食す
    その昔、伊勢の地に天照大神を祀った倭姫命(やまとひめのみこと)が、国崎(鳥羽市国崎)を訪れた際、海女のお弁が差し出した鮑をたいそうお気に召されました。それ以来、国崎の漁師は約1300年に渡って伊勢神宮に鮑を奉納しております。潮路亭の食事処「清石」では、鳥羽・伊勢志摩で採れた鮑をはじめとした海の幸をダイナミックに鉄板焼でお召し上がりいただけます。また、「白石」におきましても、その鮑や伊勢海老をはじめとする海の幸をふんだんに使ったお料理をご堪能いただけます。
  • お部屋

    お部屋で心地よく熟睡する
    潮路亭では、お客様の志向や旅のスタイルにあわせて、6種類のお部屋をご用意しました。和と洋を組み合わせた、使いやすく心癒される和モダンな空間などが贅沢な和みを演出します。また、それぞれのお部屋には、三重の伝統工芸で国の重要無形文化財に指定されている「伊勢型紙」を飾っております。古えに想いを馳せながらゆっくりとお休みください。

宿泊予約・検索

PAGE TOP

伊勢志摩・鳥羽にお越しの際は潮路亭を是非ご利用ください。

Copyright © Ise-Shima Resort Management Co., Ltd., All rights reserved.